美容外科で整形をすると、あこがれの二重まぶたが手に入る

一連の流れ

美容外科では、二重まぶたにできる施術を受けることができますが、施術を受ける場合には、まずはカウンセリングを受けることから始めます。
カウンセリングを受けることで、手術の方法や手術後の症状、費用等細かい情報を確認することができます。
カウンセリングの時には、二重に関する手術について疑問点があれば詳しく聞くことができます。

医師とのカウンセリング後に、二重にする手術を受けたいとなった場合には、さっそく手術に入っていきます。
二重にする方法としては、様々な手術方法があります。
目元を切らない埋没法という手術が良いのか等、どの手術が合っているのかはその人のまぶたの状況によって変わってきます。
ですから、医師と相談して自分にはどの方法での二重整形手術があっているのかを決めることが大切です。

医師と相談してどの方法の手術にするか決めて手術を行いますが、特に入院する必要もなく日帰りできます。
手術を行った後は、しばらく激しい運動や顔に負担をかけるような行為は避ける必要があります。
切らない埋没法の手術や目頭切開など、どの手術でも、手術後の数日間はハレや痛みがありますが、1週間程度では治ります。

二重の手術を受ける場合には、保証制度というのが受けられます。
どの方法での手術になるのかによって異なりますが、1年~3年間の保証制度が受けられます。
保証制度では、二重の手術を行ったにも関わらず、手術を受ける前の状態になった場合や手術前の状態に戻したい等、再治療を行う必要があった場合に無料で治療が受けられるという制度になります。
ですから、切らないで二重にできる埋没法の手術やその他の手術で効果が感じられなかった時には、すぐに病院に行き相談したほうがいいです。
保証制度は、どの手術を受けるかによっても期間が変わってきますので、カウンセリングの時にしっかりと確認しておくことが望ましいです。